fc2ブログ

古事記までさかのぼる歴史 赤坂日枝神社

東京の中でも国家の中枢とされる永田町の高台にある赤坂日枝神社は山や水をつかさどる神様として古事記にも記述されている大山咋神をご祭神として祀り、古くから地主神として崇めめられてきました。

江戸時代には江戸城の鎮守として徳川家が厚く崇敬し、季節の節目には遣いを送って供物を呈したり国家の一大事においては必ず祈願とお祓いをしたということが記録されています。

また赤坂日枝神社という呼称が始めて用いられたのは明治元年のことですが、それ以前には山王さま、お山、日吉山王さま、江戸大権現さまなどと呼ばれて将軍家や大名家だけでなく庶民にも親しまれ生活に密着してきた神社です。

現在も、初詣をはじめとして多くの参拝者が赤坂日枝神社を訪れて厄除け、安産、商売繁盛などを祈願しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

コアラ時計

by Animal Clock
プロフィール

rumi0214

Author:rumi0214
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com
フリーエリア
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード